ホーム  >  ブランド  >  ブランドミッション

ブランド

ブランドミッション

 

Our Mission: Empowering People


我々のミッションは、持続可能な未来のため、よりよい暮らしのため、Goal Zeroの製品を通じて人々に力を与えること。

創業以来、売上の一部を、さまざまなプロジェクトを通じ持続可能な再生エネルギーを途上国の人々に提供しています。また、製品を購入したお客さまも、再生可能エネルギーを生み出すGoal Zero製品により、持続可能なよりよい未来の実現に貢献しているのです。このサイクルを広げていくことが、我々の使命です。








創業者について: Robert Workman(ロバート・ワークマン)


2007年、自身が立ち上げたNPO団体「Tifie」 (発展途上国においての人道支援活動を主に行う) の仕事でアフリカ・コンゴ民主共和国へ。現地での体験がGoal Zeroの立ち上げの動機に。


2007年、自身が立ち上げたNPO団体「Tifie」 (発展途上国においての人道支援活動を主に行う) の仕事でアフリカ・コンゴ民主共和国へ。現地入りしたが、インフラは皆無。もちろん電力も無く、現地での支援活動は難航。第一に考えたのが太陽光を利用しての電源確保でした。しかし、この電力の問題は実はコンゴ民主共和国の人々の問題であり、世界中のすべての人の問題であることに気づいたのです。アメリカに帰国しすぐにソーラーパワーチャージャーの開発に着手し、約5年間にわたるリサーチ・開発・フィールドテストを経て、「Goal Zero」ブランドとしてマーケットにリリースしました。

ロバート氏は現在もNPO団体Tifieの代表であり、年間4ヶ月を超える期間を発展途上国での活動に費やしている。支援先にてさまざまなアイデアを蓄積しながら試作品のテストを行っており、一般流通品としてデザイン・機能など修正を加えGoal Zero社がビジネスとして世界展開している。

自然が豊かなアメリカ・ワイオミング州に生まれ、レンジャーの父からアウトドアについて学ぶ。ホワイトウォーターラフティング、バックカントリースキー、マウンテンバイクが趣味。「Goal Zero」の創始者であり、現在は同社の製品企画開発責任者。また、発展途上国で人道支援活動を行うNPO団体「Tifie」の代表も務める。(※ Tifieホームページ

 Robert Workman
 Founder, Goal Zero





このページのトップへ